ボックス

遠く離れた場所から気持ちを伝える電報|さまざまなシーンにマッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

守るべきマナー

内祝い

めでたいことがある際にはギフトを贈って、相手へお祝いの気持ちを伝えるといいでしょう。誰でもギフトを受け取ると嬉しくなるものです。特に女性は、人生の中で出産を経験する機会もある為、元気な赤ちゃんが生まれた際には周囲の人達から出産祝いを頂くこともあります。出産祝いを頂いたら、そのお返しのギフトとして内祝いをしっかり手渡しましょう。日本人の間で長く続いている内祝いの風習には守るべきマナーがあるので、あらかじめそのマナーの内容を確認しておきましょう。

出産内祝いは、日にちがあまりにも経ちすぎると何のお返しか分からなくなってしまいます。遅くても約2ヶ月以内に相手へ贈りましょう。オーバーにも半年や1年が経過してから贈ると相手に対してとても失礼だと言えます。また、ギフトの中身を選ぶ際には頂いたものよりも低価を意識することです。あからさまに高いギフトを贈ることもマナー違反だとされるので、ギフトを頂いた際には目安の金額をメモしておくと便利です。複数の人数からまとめてギフトを頂いた際には、一人一人にプチギフトとなるものを贈ると喜ばれます。近年は、通販サイトでも手軽にプチギフトとなるものを購入できるようになりました。その中でも、スイーツのように見立てたタオルや紅茶セットなどが人気を博しています。また、グルメも内祝いギフトとして主流になっており、クッキーやバームクーヘンなどのスイーツの他に、日本人ならではのお米も多数の人に選ばれています。こうしたギフトとしてグルメを選ぶときには、普段は買わないであろう高級な品を選ぶと喜ばれやすいものです。大量に贈ると金額が高くなってしまうので、お米であれば1~3キロあたりがベストな量になります。